next up previous contents index
: レイアウト : 文字認識 : マウス関数の基礎知識   目次   索引

描画領域の基礎知識

CWnd* myPICT=GetDlgItem(IDC_PICTURE);
pDC = new CClientDC(myPICT);
で、描画領域はピクチャーコントロールに限定できる。このとき,pDCの原点座標はピクチャーコントロールの左上座標になる。しかし,マウスの座標は、ダイアログ全体の座標になるので、現在のマウスの位置を描画するには、補正が必要である。そこで、GetWindowPlacementで、ダイアログ上のmyPICTの位置(矩形情報)をRelRectに取得する。

WINDOWPLACEMENT winplace;
myPICT-$ >$GetWindowPlacement(&winplace );
RelRect=winplace.rcNormalPosition;
//システムから通知されるマウスの位置をpointとすると、
point.x -= RelRect.left;
point.y -= RelRect.top;
で、マウスの位置がmyPICT内部の位置に変換される。



Administrator 平成16年7月8日