next up previous contents index
: ファイル処理とデータ表示 : いろいろな曲線を描いてみよう : レイアウト   目次   索引

プログラムの実装手順

クラス関数の設定

今度はボタンを選択状態にして (マウスでクリックして)、 ClassWizard をたちあげて、メッセージマップを見る。

Button1をクリックすると,メンバ関数の追加のダイアログがでるので,OKボタンをクリックすると,次のようなOnButton1()イベントハンドラが表示されるので,$ \{ \}$の中に以下のようなコードを記述する。

\framebox{
\begin{tabular}{l}
void CDialog1Dlg::OnButton1() \\
\{\\
\hspace{1...
...ODO: この位置にコントロール通知ハンドラ用のコードを追加する\\
\}
\end{tabular}}

=======================================================
void CDialog1Dlg::OnButton1()
{
CWnd$ \ast$ h = GetDlgItem(IDC_PICTURE);
CDC$ \ast$ pDC=h-$ >$GetDC();
CRect r; // rは長方形クラスのオブジェクト。長方形データを格納する場所を設定
h-$ >$GetClientRect(&r); // クライアント領域を r に格納
int pw,ph;
pw=r.right; // 長方形rの右はた。つまり幅
ph=r.bottom;
//目盛線をシアンで描く。
CPen p(PS_SOLID,1,RGB(0,255,255)); // シアンはgreenとblue
CPen$ \ast$ oldp=pDC-$ >$SelectObject(&p);
//縦の目盛線群を描く
double x;
double dx=pw/20; // 目盛線の間隔
for(x=0; x$ <$=pw; x+=dx){
pDC-$ >$MoveTo(int(x),0);
pDC-$ >$LineTo(int(x),ph);
}
//横の目盛線群を描く
double y;
double dy=ph/20; // 目盛線の間隔
for(y=0; y$ <$=ph; y+=dy){
pDC-$ >$MoveTo(0,int(y));
pDC-$ >$LineTo(pw,int(y));
}
pDC-$ >$SelectObject(oldp);
//x軸を黒い太字で描く
CPen pen(PS_SOLID,2,RGB(0,0,0)); // 2で太字
CPen$ \ast$ oldpen=pDC-$ >$SelectObject(&pen);
int cx,cy; // 中心の座標
cx = pw/2;
cy = ph/2;
pDC-$ >$MoveTo(0,cy);
pDC-$ >$LineTo(pw,cy);
//y軸を黒い太字で描く
pDC-$ >$MoveTo(cx,0);
pDC-$ >$LineTo(cx,ph);
// 使い終わったら、もとのペンに戻す
pDC-$ >$SelectObject(oldpen);
h-$ >$ReleaseDC(pDC);
}
}
=======================================================

グラフの描画

=======================================================
void CDialog1Dlg::OnButton2()
{
CWnd$ \ast$ h = GetDlgItem(IDC_PICTURE);
CDC$ \ast$ pDC=h-$ >$GetDC();
CRect r; // 長方形データを格納する場所を設定
h-$ >$GetClientRect(&r); // クライアント領域を r に格納
int pw,ph;
pw=r.right;
ph=r.bottom;
//ペイントコントロールの幅,高さの中点を原点(xc,yc)とする。
int xc=pw/2, yc=ph/2;
//1目盛りの値をdx,dyとする.
double dx = pw/20.0, dy = ph/20.0;
double x,y;
int xg,yg;
//グラフを赤で描く。クリッピング領域を長方形の大きさに設定する。
CRgn s;
s.CreateRectRgn(0,0,pw,ph);
pDC-$ >$SelectClipRgn(&s);

for(x=-5;x$ <$=5;x+=0.01){
y = x*x;
xg = xc + int(dx*x);
yg = yc - int(dy*y);
pDC-$ >$SetPixel(int(xg),int(yg),RGB(255,0,0));
}
s.DeleteObject();
h-$ >$ReleaseDC(pDC);
}
=======================================================

演習問題 5.1  

CWnd$ \ast$ myPICT = GetDlgItem(IDC_PICTURE);
CDC$ \ast$ pDC = new CClientDC(myPICT);
CPen$ \ast$ myPen = new CPen;// myPenはCPenクラスのオブジェクト
myPen-$ >$CreatePen(PS_SOLID,1,RGB(0,0,255); //myPenを赤の実線を引くペンに設定
pDC-$ >$SelectObject(myPen); // myPenを選ぶ
delete myPen; // myPenを消去
を用いてプログラムを書き直しなさい。


next up previous contents index
: ファイル処理とデータ表示 : いろいろな曲線を描いてみよう : レイアウト   目次   索引
Administrator 平成16年7月8日