next up previous contents index
: 品詞(parts of speech) : 文法 : 文法   目次   索引

文とは考えを表現するための単語の集まりである。文には主語と述語が含まれている。
  1. 主語(subject)は文の中で何かを行なっているか何かである人、場所、物、観念である部分である。
  2. 述語(predicate)は主語について何か言っている部分である。

    主語 述語
    The man is sitting on the pier.
    その男 は桟橋に座っている

    The man は完全主語(complete subject)とよばれ、核の部分のmanは単純主語(simple subject)と呼ばれる。また、is sitting on the pierは完全述語とよばれ、is sittingは単純述語と呼ばれる。
    主語 述語
    The man on the pier is a fisherman.
    桟橋の男 は漁師である

  3. 文の構造上の分類

    文は一般に、独立節(independent clause)と呼ばれるそれ自身が1つの文の集まりで作られている。独立節は主要節(main clause)とも呼ばれる。


next up previous contents index
: 品詞(parts of speech) : 文法 : 文法   目次   索引
Administrator 平成17年6月27日