next up previous contents index
: MathJaxを用いる : ブラウザに簡単に数式を表示 : mimetexを使う   目次   索引

MathML, OpenMathを使う

ここで紹介するのは,これまでの数式の表示方式と違い,数式を画像ではなく,構造により表示する方法です.これは,HTMLからXMLへの移行により可能となったものです.例えば,MathMLで$ x^2 + 1$を表現しようとすると,

<math xmlns="http://www.w3.org/1998/Math/MathML">
  <msup>
    <mi>x</mi>
    <mn>2</mn>
  </msup>
    <mo>+</mo>
    <mn>1</mn>
</math>

のように記述しなければなりません.さらに,IEのブラウザでは表示できないので,プラグインとして, MathPlayer をインストールする必要があります.

また,TeXの書き方に慣れているものにとっては,辛いものがあります.そこで,当然,TeXからMathMLに変換してくれるソフトを期待するところですが,なかなかフリーのものが出てきません.フリーでないものならば, MathML-Editorsにあります.

表現記述

MathMLで記述することは,それほど難しくはありません.ただ,面倒なだけです.そこで,自分でソフトウェアを作成しようと考えているユーザに,記述の決まりを紹介します.



yokotalab 平成25年8月26日